化粧水の歴史

化粧水とは・・。
化粧水は皮膚を保湿し、整え、滑らかにする機能を持つ透明液状を呈した化粧品であります。ローション、トナー、トニックなどと呼ばれることもあります。例外的な使用方法として、ファンデーションや白粉(舞妓さんが塗っている)に加え、粘度の調整やつけやすくする目的で用いることもあります。
日本に化粧水が浸透し始めた江戸時代には、規制化粧品ではなく、メーキャップ化粧品も一つである化粧下地、白粉の溶き水として使われていました。日本では、化粧水と一緒に乳液を使用することが一般的ではありますが、欧米では日本の化粧水にあたるものを、使用しないことが多く、海外メーカーでは、化粧水を日本向けとして、ラインナップしているメーカーもあります。

化粧水といっても様々な種類があります。
一般化粧品、美白化粧品、植物性化粧品、ニキビ用化粧品、収斂化粧品(しゅうれん)、ふき取り化粧品、プレ化粧品、ローション、アフターシェーブローション、カーマインローション、ボディーローション
主にこれだけあります。

肌の悩みにあった物を使うことにより、綺麗な肌を取り戻すことができます。
肌のことに悩んだら、一度調べてみるのもいいですね。