3つの化粧水

汚れをゼロクリアにしたらさあ、ごほうびです。すっぴん肌を健康な状態に復帰してあげるために、水分補給して、うるおいをお肌にしましょう。
お肌に合わせて選びたい3つの化粧水の種類。
どんな肌にもまずはコレ、柔軟化粧水。お肌本来の弱酸性の状態に整え、皮膚を正常に保ちます。また、お肌をソフトにして、次につける乳液やクリームなどの浸透をアップしてくれる。つけるときは、モチモチッと手の平がほおに吸い付くような感触になるまで、何度か重ねてつけるといいでしょう。


ふきとり化粧水。お肌がざらつく時はコレ。洗顔では完全に取れなかった汚れや、古くなって固くなった角質などを除去したり、お肌をやわらかくほぐして、次に使う化粧水などの浸透を高めます。形状は化粧水のような液状のほかに、トロッとした美容液状のものもあります。コットンに適量を取り、お顔の内側から外側に向かって、やさしくなでるように拭き取ります。


収れん化粧水。お肌がアブラっぽいときはコレ。柔軟化粧水を使った後、毛穴の開くポイントや部分的に使うと、毛穴をぐっと引き締めてくれる効果たりもします。メイク崩れを防ぐ効果も。使った後に清涼感があります。
まず、一般的に化粧水といわれている、柔軟化粧水を一本選びましょう。それでもお肌にごわつきやザラつきを感じるようなら拭き取り化粧水を買い足します。また、お肌にアブラっぽさや、毛穴の開きが悩みであれば、収れん化粧水を買い足します。