化粧水が肌に慣れる

化粧品が肌に慣れてしまうということはあるのでしょうか。よくずっと使っていると肌が慣れてしまって、よくないという話を聞きます。確かに薬でも同じ話を聞いたことがあります。同じ薬をずっと飲んでいると身体が慣れてしまってしまうということです。薬と同じように化粧水も慣れて効果がでないようになってしまうのでしょうか。調べてみると、化粧水が肌に慣れるということはないようです。

化粧水を変えてから何週間かは肌の調子が良いけど、すぐにまたもとに戻ってしまうということがありますよね。それは、その化粧水が肌の表面近くまでしか保湿できていないことを表しているみたいです。表面までしか保湿できていなければ肌の奥が保湿できていないということなので、すぐに保湿状態が悪くなって表面にもでてしまうのです。化粧水は肌の奥までしっかり保湿してくれるものを使うことが大切ということですね。肌の奥までしっかり保湿してくれる化粧水を使用すれば何週間か後に肌の調子が悪くなるというのもなくなります。

肌が化粧水に慣れてしまうのではなく、化粧水がしっかり浸透できていないというのが原因だったのですね。自分の肌に合ってしっかり肌の奥まで保湿することができる化粧水を見つけて、肌の調子を良くするようにしましょう!