化粧水の選び方

ここでは、化粧水の選び方について紹介します。

スキンケアのために化粧水を使っている方は多いのではないでしょうか。そんな化粧水ですが、スキンケアに必ずしも必要というわけではありません。

しかし、化粧水には、肌を一時的にみずみずしく整えてくれたり、清涼感を得たりと、快さを得るという目的で使用することができます。

化粧水には、スキンケア効果というより、精神的に与える効果の方が大きいのではないでしょうか。

ですから、化粧水を選ぶのは、基本的には使用感のみで選んで問題ないといえるでしょう。

また、せっかく化粧水を使うのだから、何らかの効果を得たいという方は、自分に必要な効果のある化粧品を選ぶようにしましょう。

基本的に、化粧水で肌が潤う、ということはありません。肌が潤ったように感じるのは、あくまで一時的なものですよね。

たっぷりと重ねづけしたとしても、角質の2~3層くらいしか浸透しません。

化粧水の主成分は水なので、時間とともに蒸発してしまいます。

化粧水には、保湿成分を配合することはあまり配合できませんから、そのまま肌の水分になるわけではありません。

最近、人気なのは、肌に優しそうなイメージのある無添加化粧水です。

無添加のものは、色素や香料など、肌に影響を与えるものを使用していません。しかし、「無添加」には基準などがなく、メーカーによって差があります。

よって、「無添加」だからといって、肌に良いとは一概にはいえないのです。自分の肌に合うものが一番良いといえるでしょう。無添加といえば、コスメだけでなく白髪染めもありましたね。女性専用の無添加の白髪染め(妊婦さんにもオススメ)を紹介しておきます。

化粧水のつけ方は、コットンなどでつける方と手でつける方に分かれるようです。肌への優しさを考えれば、手でつけるのが良いでしょう。

コットンでつけるのは、肌への刺激が強すぎるのです。

化粧水をつけるときは、適量を手にとり、手で押さえるようにしてつけるようになじませましょう。手でパチパチとたたきこむのも、肌への刺激が強すぎ、シミなどの原因になることがあります。

化粧水を選ぶ際には、人それぞれ、様々な基準があると思います。インターネットなどで、化粧水の情報を得て、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。そういった点でも、このサイトを役立てることをおすすめします!

では、化粧水やローションについて迷ったらこのブログを参考にして下さいね。また新しいトライアルキットを注文したら、更新していきますね!